岳陽同窓会会則

岳陽同窓会会則

(名称)

第一条:本会は、福岡県立田川高等学校岳陽同窓会(略称「岳陽会」)と称す。(以下「本会」という。)

  2 本部は福岡県立田川高等学校内に置き、本部事務局を設置する。

  3 支部は各地区・各職域の申請を受け、幹事総会の承認を得て設置する事が出来る。

(目的)

第二条:会員相互の親睦と生活の向上を図ると共に、母校の栄誉を高揚することを目的とし、併せて地域の発展の為に尽くす。

(事業)

第三条:前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

  1.総会の開催

  2.各支部との交流

  3.ホームページの運営

  4.同窓会名簿の刊行

  5.死亡会員への弔慰

  6.母校・田川奨学会・母校PTAとの連携

  7.その他目的達成に必要な事項の遂行

(会員)

第四条:会員は次のとおりとする。

  1.正会員

  (1) 福岡県田川中学校の卒業生並びに中途から上級学校に進学した者

  (2) 福岡県英彦中学校卒業生

  (3) 福岡県立田川高等学校の卒業生並びに中途から上級学校に進学した者

  (4) 福岡県立田川高等学校定時制卒業生

  (5) 上記に一時在学した者で、同期幹事会の推薦により幹事総会で承認された者

  2.準会員

    福岡県立田川高等学校の在校生

  3.特別会員

    母校の現教職員並びに旧教職員

(役員)

第五条:本会に下記の役員を置く。

  1.会長            1名

  2.副会長         若干名

  3.幹事長         1名

(役員の選出)

第六条:役員は、会員の中から代表幹事会の推薦により選出し、幹事総会に於いて決定・承認し、総会に於いて報告をする。

(理事)

第七条:本会に下記の理事を置く。
  2 理事は各地域・各職域で選出された各同窓会の会長がその任にあたる。

(特別役員)

第八条:本会に下記の特別役員を置く。

  1.支部長    若干名(各地区・各職域の理事がその任を兼務する)

  2.事務局長   1名(役員会で人選をなし、会長が委嘱する)

  3.監査役    2名(会員の中から本部幹事会で人選し、会長が委嘱する)

  4.会計     1名(会計は事務局長が兼務する)

  5.名誉会長   1名(母校の現職校長)

  6.相談役    若干名(必要に応じて会長経験者の中から人選をなし、会長が委嘱する)

  7.顧問     若干名(会長経験者・幹事長経験者・田川奨学会長経験者)

(役員の任務)

第九条:役員の任務は次のとおりとする。

  1.会長   本会を代表し、その任にあたる。

  2.副会長  会長を補佐し、各専門委員会の委員長を兼務する。また、会長から要請があれば、会長代行を若干名推挙する。

  3.幹事長  全ての幹事を統括し、本会の運営にあたる。

(理事の任務)

第十条:理事の任務は下記の通りとする。

  1.各地区・各職域同窓会の運営円滑化のため理事会に出席し、本部並びに他地区・他職域と意見交換する。 

 

(特別役員の任務)

第十一条:特別役員の任務は下記の通りとする。

  1.支部長   本部との連携を図り、支部を円滑に運営する。

  2.事務局長  本会事務局の全ての事務を統括すると共に、役員会・理事会・委員会等に出席し書記の役にあたる。

  3.監査役   本会の会務全般並びに年1回の会計事務を監査し、幹事総会に於いてその結果を報告する

  4.名誉会長  役員会に出席して意見を述べることができる。

  5.相談役   同窓会活動以外の対外突発的事項の折衝を任とし、会長の諮問にあたる。役員会・理事会・専門委員会等に出席し意見を述べる事ができる。

  6.顧問    会長の諮問にあたる。会長の要請により、役員会・専門委員会等に出席して意見を述べる事ができる。

(役員並びに特別役員の任期)

第十二条:役員並びに特別役員の任期は4年とし、再任を妨げない。なお、欠員補充による役員の任期は、前任者の残任期間とする。

   2 名誉会長の任期は本校在任期間とする。

(幹事)

第十三条:本会に下記の幹事を置く。

  1.本部幹事  若干名  代表幹事会の推薦により、会長が委嘱する。

  2.代表幹事  各回期1名  各回期幹事会で1名の代表を選出し、会長が委嘱する。

  3 同期幹事  若干名  各回期で複数名を選出し、会長が委嘱する。

  4 校内幹事  若干名母校に在職する特別会員の中から届出し、会長が委嘱する。

(幹事の任務)           

第十四条:各幹事の任務は次のとおりとする。

  1.本部幹事  幹事長を補佐し、各専門委員会のいずれかに所属し、その任にあたる。

  2.代表幹事  各回期を代表し、代表幹事会・幹事総会に出席し、その任にあたる。

  3.同期幹事  同期の融和と連携を図り、幹事総会に出席し本会の運営を助ける。

  4.校内幹事  特別会員の融和と連携を図り、幹事総会に出席し本会の運営を助ける。

(機関の設置及び任務)

第十五条:本会に次の機関を置き、任務は次のとおりとする。

  1.総会  全ての会員で構成し、定期総会は年1回開催する。
        定期総会においては、幹事総会で決議した事項を報告する。

  2.幹事総会  本会の最高決議機関として全ての役員と全ての幹事で構成し、総会に報告するための下記の議案を審議決議する。なお、議決は出席者の過半数の賛成をもって為す。開催は原則年一回とする。
    ① 役員の承認

    ② 会則の改廃

    ③ 事業報告並びに事業計画

    ④ 決算並びに予算

    ⑤ その他本会の運営に関する重要事項

  3.役員会  正副会長及び幹事長で構成し、本会の企画運営に関する事項を審議する。

  4.理事会  理事並びに役員で構成し、基本的に年1回開催し、各地区の会務の運営状況について、意見交換をする。

  5.本部幹事会  役員並びに本部幹事で構成し、幹事総会に提出する議案、その他の事項を審議する。

  6.代表幹事会  役員各同期代表幹事及び校内幹事で構成し、役員並びに本部幹事の推薦を行う。

  7.監査会  監査役と事務局長で構成し、本会の運営に関する事項を監査し役員会に意見を述べる。

  8.同期幹事会  同期の幹事で構成し、同期の運営にあたり、代表幹事を選出する。

  9.専門委員会  役員並びに本部幹事で構成する下記の専門委員会を設置し、別に定める事項を審議する。また、必要に応じて他の専門委員会を設置する事ができる。

    ① 総務委員会

    ② 財務委員会

    ③ 広報委員会

    ④ 資料委員会

(会計)

第十六条:本会を運営する財源は、各回期の年会費並びに準会員の入会金・終身会費及び寄付金その他の収入を以て充てる。
   2 本会の会計年度は、毎年7月1日から翌年の6月30日までとする。 

 

(会員の義務)

第十七条:会員は岳陽同窓会の会員としての誇りを忘れず行動しなければならない。

   2 会員は、会費の納入並びに住所、勤務先、職業等に変動があった場合には、同期の  代表幹事を通じて本部に報告しなければならない。

(補則)

第十八条:本会の会則に規定のない事項については、役員会に於いて別に定める。

(付則)

  1 この会則は、昭和54年8月24日から施行する。

  2 平成 2 年8月26日、一部改正

  3 平成11年8月22日、一部改正

  4 平成17年8月20日、一部改正

  5 平成20年8月23日、一部改正

  6 平成29年8月19日、一部改正