事務局だより

秀島踏波(高12回)さん書展開催

2019年 5月 8日

関西を拠点として活躍されている同窓生(高12回)の秀島踏波(本名保雄)氏が田川市美術館において、書展を開催することとしています。

秀島踏波氏は添田町出身で日本書芸院展、毎日書道展、読売書法展等に出品し多数受賞をされています。
また、母校記念講堂に掲げられている「田川健児の歌」の歌詞額を揮毫した書家でもあります。さらに、同講堂のエントランス正面に「水平線上の突起」の書額も掲示されています。

今回、下記の通り「ヘタでもホンモノ」と題して田川市美術館にて個展を開催されることとなりました。福岡で活躍の9名の書家の友情出品もあります。

同窓生が地元で開催する展覧会です。多数の会員の観覧をお願いいたします。

〇「ヘタでもホンモノ」秀島踏破展
 会場  田川市美術館
 会期  6月14日(金) ~ 7月21日(日)
 観覧料 一般500円/高大生300円/中学生以下無料